日本動物脳神経脊椎センター

ABS Center

大阪の中心地にペットの脳神経・脊椎疾患専門病院

6月に開院いたしました。

日本動物脳神経脊椎センター

〒531-0074
大阪市北区本庄東1丁目18-14 アシスト90 1F

月〜土:10:00〜18:00、日・祝:10:00〜12:00

予約受付:TEL.06-6376-8355

ABSCenterについて


日本動物脳神経脊椎センターは、「何とかして治して欲しい」という飼い主様の思いに応えるため
脳神経・脊椎疾患において世界トップクラスの治療を提供する二次診療施設として
2021年6月にスタートいたします。

当センターは、脳神経・脊椎疾患の専門治療を行う二次診療施設です。

必ずかかりつけ医からのご予約が必要となります。

紹介元のかかりつけ動物病院としっかり連携いたしますので、当センター受診後も、安心して継続治療を受けていただけます。

ABSCenterの特徴


これまで、手術中にもマイクロサージャリ―(超微小手術)やCT(コンピューター断層造影)
MRI(磁気共鳴画像法)を使用するなど、最新の技術で新しい治療法を探求してまいりました。

手術中にCT、MRIを実施できるのは世界唯一です。

京都大学との共同研究では、3Dプリンターを使用してインプラント(人工骨)を製作、2012年には世界で初めて3Dプリンターを獣医療の現場に導入しております。

獣医療では数少ない1.5テスラ超電導MRIシステムです。脳、神経、関節、その他部位の画像を鮮明に得ることができます。

マルチスライスCTです。従来のCTに比べ、短時間で、被爆量の少ない正確な検査が可能で、動物への負担が軽減されます。

脳腫瘍摘出や脊椎外科を行う際には、手術用顕微鏡を使い、丁寧かつ確実に病変を取り除きます。